スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かい日
2009年01月18日 (日) | 編集 |
この記事はブロとものみ閲覧できます
微かな光
2008年08月26日 (火) | 編集 |
この記事はブロとものみ閲覧できます
夜明け前
2008年08月11日 (月) | 編集 |
この記事はブロとものみ閲覧できます
民意を聴け
2008年06月08日 (日) | 編集 |
yusen1

この画像は、破れ掛軸である。
日本画の画題など、不勉強なので、
どういう意味なのか全く知らない。
人物が五人居て、一人だけガマ仙人だというのが、
丸判りなので、五仙人だと思う。

皆、神通力を発揮する為の法器を持っている。
芭蕉扇を持った鍾離権や手に花を持った藍采和は調べれば名が判るが、
手から龍を出している男とその下にいる女性が誰なのであろうか、
私には判らない。

仙人界のスーパースター集結で、何やら頼もしく感じる画題である。
何もかもが他人事のあのド阿呆に、民の声など聴き取れないであろう。
国が危難に遭った時、こういう隠者がどこからともなく現れないだろうか。
ロシアの怪僧などではなく、本当の救国者として。
どこまでいっても他力本願な私は、典型的な現代日本人なのであろうか…

yusen2


この絵の作者は、真贋は別として、友川寛信(狩野融川寛信)となっている。
十五歳筆などと書いてあるが、
はたして絵にこういう年齢書きをするものなのかどうか…
寛信は、北斎の師でもあったらしい。
自分の信念の為に、壮絶な最期を遂げているようである。


足るを知る
2008年04月26日 (土) | 編集 |
4月10日のご当選者の声に載りました。

ttp://pepsinex.jp/closed.go?

大変有難く愛用させて頂きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。